そのためには

常時身に着け一定の時間間隔設定でデータを取るという事が重要なのです。

また、その日々のデータをクラウド上に蓄積しAIによる学習でより正確なアルゴリズムによる測定データに近づけているのです。

それによって、日常のさまざまな環境変化による体のサイン、イレギュラーを自分自身で認識することで生活習慣の改善、休息、運動などでの自己管理意識が生まれてくるのです。

これがウェアルブル健康端末の価値でありインターネットに繋がるIoTの本質です。

画像の説明

world社は健康管理という分野で既に世界のトップグループに位置し、
今年のウェアラブル全体の出荷台数では世界4位という驚異的な成長です。

a:252 t:1 y:1